ムダ毛を何とかしたい

ムダ毛についてはどなたも悩みの種で、特に女性のすね毛には困ったもので、放置できないものがあります。

すね毛だと軽く考えて、カミソリなどで剃ってしまいますと、その先端が尖ったままで成長してしまうので、皮膚の中にそのまま入り込んでしまうのです。

一旦そうなってしまうと、引っ張り出すことは出来ず、毛の状態が外から透けて見えるので、見た目が悪い状態になってしまいます。

そういったことにならないためにも、サロンなど専門のお店で処理するか、或は市販の薬剤を自分で購入して、生えてきたすね毛をその都度処理することになります。


太くてしっかりとしたすね毛の処理方法

すね毛は他の部位と比べると、太くてしっかりとしています。剃ると黒いポツポツとした跡が残ってしまうこともあります。

また、伸びてくると目立ちますので、頻繁に処理を行わなければならない部位でもあります。

すぐに目立ってしまうということを考えると、抜いてしまった方が楽です。

毛抜きやテープ、ローラー回転式の脱毛器で抜いた後に抑毛ローションを塗るのも効果的ですが、永久効果のある方法で処理してしまうのが最も理想的です。太い毛が毛根から無くなると、毛穴は少しずつ閉じていきます。毛穴が閉じるとキメが細かくなります。


ナマ足を出したいならムダ毛処理を!

ホットパンツやミニスカートが流行しています。

夏はミニ丈のボトムスをナマ足で履いて、スニーカーなどを合わせるファッションをしてみたい人もいるはずです。


そんな時に気になるのは、足の脱毛です。

カミソリでいいと考えているかもしれませんが、カミソリで剃った後は失敗すると流血した後がわかります。毛も断面になるので、黒い毛穴が見えてしまったりして女子力が半減することもあります。

そのため、やはりすね毛のムダ毛を処理しておきたいものです。

ツルツルのすねは着こなしの一部。肌がきれいだとファストファッションでもかっこよく見えます。


すね毛がないといいことは

脱毛でも人気の部位のアシですが、その中でもすねに生えているすね毛を処理した方がいいか迷っている人もいるでしょう。

すね毛がないといいことを連想できないかもしれませんが、女性だと嬉しいことがあります。

それは、ストッキングを履くときにムダ毛を気にしなくていいこと。社会人だと、スカートを履く機会が増えます。

ストッキングを着用しなくてはいけない場もあります。そんな時にアシのムダ毛は思った以上に気になることが多いです。

一度、完了してしまうと自己処理も不要になるので、ムダ毛の処理を忘れてしまった時の気恥ずかしさを回避できます。